近視矯正手術・レーシックよりも…


by araswami

★赤太字見出し「台詞もいいね。」

テレビでレーシックは感染症などが怖いと知った
LASIKは歴史が浅いので、将来どうなるか不安
手術の費用が高くて手が出ない
近視矯正手術に踏み出す前に、できることは全部やっておきたい
きちんと科学的な裏づけのあるトレーニングを実践したい

 レーシックなどの近視矯正手術は、眼鏡やコンタクトが必要なくなる素晴らしい手術ですが、いろいろとリスクを理解しておかなくてはなりません。
 まずは、もちろん失敗のリスク。そして、合併症などのリスクです。
どんなに優れた眼科医であっても、人間です。当然上手く行かない場合も考えなくてはなりません。
また、うまくいっても、光源がちらつくなどの症状はかなりの確率で出てしまいます。

 「銀座眼科」でレーシック手術を受けた患者が、角膜炎などを発症したとして、50人が計1億3293万円の賠償を求めて東京地裁に提訴したのをご存知と思います。

様々な危険を伴う手術より、まずは自分でできることにチャレンジしてみませんか?


健康被害の恐れの無いアイトレーニングについて

アイ・トレーニング視快研小牧店の田中謹也

マニュアルの内容を一部ご紹介すると…

子どもの視力を 最も効果的に回復させるための 2つのポイントとは?
知らないでは済まされない! 子どもの視力が低下する 本当の 原因とは?
たった30秒! 眼にうるおいを与える 今すぐできる アイストレッチとは?
3ヶ月間のトレーニングフォローメルマガ
トップアスリートも取り入れている最新手法とは

「視力回復のアイトレーニング 」利用者の喜びの声

公式サイトでは、マニュアルを実践した方のよろこびの声がたくさん掲載されています。
いくつか抜粋して引用させていただきますので、ご覧ください。

「黒板の字も、ハッキリ見えるようになり嬉しいです。」(小学校6年生)
見るだけで視力が回復するなんてまさに夢のようでした。遠近○○などの家での努力も実り、視力はグングンあがっていきました。両目が2.0になった時は、とてもうれしかったです。目標だった黒板の字もはっきり見えるようになり、うれしい気持ちでいっぱいです。
「最初は視力があがるか心配でしたが…」(小学校5年生)
ぼくは、アイ・トレーニングに、二ヶ月近くかよいました。最初は、しりょくが上がるか、心配でしたが、かようにつれて上がっていくのがとてもよくわかり楽しくかようようになりました。インストラクターのお兄さんは、いつもやさしく声をかけてくれたのできがるに話せました。これからも、しよくがおちないように、遠近ストレッチを行っていきたいです。
「眼科にいかなくてすみましたのでとても良かったです!」(小学校3年生の母親)
兄と同じようになってしまうのでは、という不安があり、眼科に行こうか、と思っていた矢先、偶然にも、インターネットでアイ・トレーニングを知りました。眼科に行っても、ワックもやって、目薬もさして、というパターンはわかっていましたが、果して、効果の方は、というと、いまひとつ信用できませんでした。そんな中、アイ・トレーニングは、実に画期的でした。0.8の娘が、10回も通わないうちに。2.0まで上がったのは驚きでした。仮性近視だったので、すぐに直ったようです。眼科にいかなくてすみましたので、とてもよかったです。

関連するブログエントリー口コミ情報

 レーシック手術で感染症67人‐ 手術を受ける時は、その病院の評判もしっかり調べてから決めたなくてはいけませんね。 銀座眼科は元々健康被害が相次いでいたため、何度か立ち入り調和を受けている病院だという
 2009年度アメリカ白内障屈折矯正手術学会を再び制覇! - fukasaku eye ...‐ 当院のレーザーメスを使った、最小限の出血で最大の効果と最速の回復を可能とする手術により、患者さんの苦痛を取り除けます。こんな当たり前の病気でも結構ちゃんと治療されていないことが多いのです。深作眼科は白内障、緑内障、近視矯正などの眼の前の ...
 LASIK(レーシック)手術で近視を治す - jkondoの日記‐ LASIKは角膜の皮をまずはがして、その中の角膜実質層にレーザーを当てて角膜を少し削って近視を治す、という手術なのですが、うまくいけばコンタクトも眼鏡も要らなくなるということで、とても魅力的な手術です。 前々から気になっていたのですが、値段が ...
 週刊文春8月6日号 レーシック記事について‐ レーシック手術の過矯正(遠視化)による後遺症の問題」、「手術後のドライアイの問題」、「クリニックのアフターフォローの問題」が指摘されています。このサイトで紹介している眼科は、問題になることではないのですが、ここでは、神戸クリニックの矯正視力


Copyright (c) E-Book Navision ディレクトリ All rights reserved.