1日13分、たった2ヶ月でこどもの仮性近視が回復するアイトレーニング


by pinksherbet
眼鏡が必要ない!

視力が0.8以上に回復した子供の数 6年間で987名!

眼科でもらった目薬の効果が感じられない
真性近視だから、メガネをするしかないと言われた
めがねをせずに黒板が見えるようにしてあげたい
スポーツのとき、眼鏡をすると危険だから…

仮性近視と真性近視との違いは、実はとてもあいまいなものです。
眼鏡をかけるしかないと眼科で言われたこどもでも、視力は回復する可能性が十分にあります。
でも、視力が一度下がってしまうと、大幅な回復は難しくなります。

十分に視力が戻る余地のあるうちに、このトレーニング法に取り組むことをおすすめします。


仮性近視を治すアイ・トレーニングについて

アイ・トレーニング公認のインストラクター田中謹也

アイ・トレーニング 視快研 小牧店で、9割以上のこどもや幼児の視力を0.8以上に回復させてきた最新の手法です。

マニュアルの一部を紹介します。

子どもの視力を 最も効果的に回復させるための 2つのポイントとは?
知らないでは済まされない! 子どもの視力が低下する本当の原因とは?
最もシンプルで 簡単にできる 効果実証済みの 4つのトレーニング法とは?
ブルーベリーよりも視力回復効果の高いサプリとその飲み方とは?
視力アップのプロが明かす… 本当に効果のある視力回復グッズとは?
たった30秒! 眼にうるおいを与える今すぐできる アイストレッチとは?
片目の視力だけが 低下している 子どものための トレーニング法

これはほんの一部です。
つづきはリンク先をご覧ください。

「1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」利用者の喜びの声

公式サイトでは、マニュアルを読んだ人の実際の声がたくさん掲載されています。
いくつか抜粋して引用させていただきますので、ご覧ください。

「なんとか 眼鏡が要らない程度にまでよくなりました。」(小学校6年生)
4月に学校から 検眼通知書 を もらってきて、困っていまし た。インターネットで お店のことを調べて、「 もしかして眼が良くなるかも・・・? 」と 思い すぐ入会しました。なんとか 眼鏡が要らない程度に までよくなり、今ではホッとしています。これからも今の視力を維持させ たいと思います。ありがとうございました。
「黒板や遠くの字もはっきり見えるようになりました。」(小学校6年生)
僕は はじめ 0.4で 黒板の字が あまり良く見えませんでした。 アイ・トレーニングに行ってから 黒板や遠くの字も はっきり 見えるようになりました。 これからも 眼が良くなるように 努力します。
「本当に視力がよくなるのかな?とおもっていましたが…」(小学校3年生の母)
2年生の時に視力が低下し始めました。遠くを見るときは目を細めるようになり、なんとかしなくてはと思っていたら、アイ・トレーニングを知りました。はじめは本当に視力が良くなるのかなと思っていましたが、通ううちに少しずつ視力が上がってきました。家でのトレーニングもやり、本人も頑張ったおかげで、今では1.5にまでなり、よく見えるようになりました。
その他の喜びの声を見るこちら 1日たったの13分のアイ・トレーニング

関連するブログエントリー口コミ情報

 [病気・症状]仮性近視の原因‐ 目の異常は腰の異常、骨盤のゆがみから起こると考えます。また視神経を支えている首の部分の頸椎の1、2、3番が下がっているのも特徴です。
 [仕事][日本経済新聞] 近視は遺伝だ‐ 近視の進行を防ごうと言っても,体質なんだからどうしようもないやん,と思ってしまう. 僕も小学校の4年の頃仮性近視だとか言って,点眼薬をさし続けたが何の効き目もなく,あっという間にほんまもんの近視になってしまった. 今みたいにテレビゲームが ...
 レーシック‐ 小さい穴から物を見るといった、視界を狭める方法は、この毛様体筋が緊張したまま凝り固まったことによる近視で「仮性近視」と呼ばれ、これは毛様体筋をほぐすことで改善することが可能です。仮性近視は特に小学生くらいの幼少期の目に多く現れる視力異常 ...
 目薬アレルギー‐ に行くと 「目薬のアレルギー」と言われました。 仮性近視に効くという「ミドリンm」 まれにアレルギーが出る型がいるそうですが、うちの子がそうみたい。 あぁ・・・・もうこれからは点眼薬での近視の治療は出来ません。 観念してやっぱりメガネかしら・・・・・・。
 視力回復 3Dとは‐ 調整が上手くいかず、近視になっている人のことを仮性近視といいますが、視力回復3Dで目がよくなるのはこの仮性近視の人だけです。視力回復3Dとはについてつづけます。パソコンやテレビの見すぎ、ゲームのやりすぎで仮性近視になっている子供


Copyright (c) E-Book Navision ディレクトリ All rights reserved.