西武ライオンズ黄金時代の強打者コンビが教えるバッティング指導のコツ


by stuseeger
息子のホームラン!

「お父さん、バッティングがうまくなりたいよ!」

バッティングの指導をしてやりたいが、正直よくわからない
野球少年の息子が、打撃で悩んでいる
こどもが試合に出られるようにしてやりたい
今の少年野球のチームを強くして自信を持たせたい

晴れた日曜の公園で、親子で野球の練習。
とてもいい光景です。
そこでの練習によって、息子のバッティングがいちじるしく上達したら、さらに素晴らしいと思いませんか?

7日間スラッガー養成プロジェクトでは、一つ一つの理論を説明したのちに実演してくれるので、とても理解しやすいんです。
この指導法によって、はじめてホームランが打てたという小学生もいます。

野球未経験のお父さんでも、わが子の打撃を上達させてやることができるんです。


子供のやる気が出る7日間スラッガー養成プロジェクトについて

清原和博二世と日本シリーズ通算打率一位

「清原和博二世」「和製大砲」と呼ばれた垣内哲也と、日本シリーズ通算打率(50打席以上)では歴代1位の大塚光二。
西武ライオンズの黄金時代をささえた二人は引退後、実に2,000人以上の選手や監督、コーチにアドバイスをしてきました。
バッティング指導法も入ったDVDの中身を紹介します。

飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法を公開
打率がみるみる上がる秘密のトレーニングとは
全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法
強烈な当たりを生み出すスイング強化法とは
バッティングスランプは7つのポイントで解消する
球が見える究極のバッティングスタンスとは
どんぴしゃり!のタイミングでフルスイングする方法
体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

これはほんの一部です。
つづきはリンク先をご覧ください。

「7日間スラッガー養成プロジェクト 」利用者の喜びの声

公式サイトでは、マニュアルを読んだ人の実際の声がたくさん掲載されています。
いくつか抜粋して引用させていただきますので、ご覧ください。

野球をまったく知らなかった私が、しっかりと息子にバッティングの指導ができ、息子も息子でみるみるその技術を吸収していったのです。7日間という期間で、息子の打率がグングンとアップしていきました。本当にたった7日間で三振ばかりの息子が打率4割を超えてしまったのです。おかげで息子も元気を取り戻し、今では4番の強打者としてレギュラーを務めています。本当にありがとうございました。
今年の4月中旬、不調が続き、あまり打てませんでした。そんな時、お父さんにこのDVDを見せてもらいました。すると、少しずつ打てるようになりました。2アウト3るいで、1点負けていた時にジャンプして力を抜いて打ったらヒットが打てました。本当にうれしかったです。これからも続けていこうと思います。
マニュアルのとおり、体が開くところに紙の目を貼り、後ろの足にしっかりと体重をかけて、素振り、そして実際にボールを打つ練習をしてみました。先日の練習試合では、2本のヒットを打つ事が出来ました。本人も手ごたえを感じた様です。

関連するブログエントリー口コミ情報

 [イチローの教え その3 自分のスタイルを探す]‐ バッティングフォーム(振り子打法)を否定され、. 低い評価を受け、2軍暮らしを余儀なくされていました。 イチローのバッティングは、まるで走りながら打つ様に. 見えるため、伝統的な一軸(イチジク)理論で考えると. ナンセンスに見えます。 ...
 キテるわ‐ バッティングは腰が大切なんだぜ. バッティングフォーム(←なんて立派なもんじゃないけど)を改悪していた事に最近気付いた. 優秀な指導者ってホント大事だよ. てか指導者なしでやるとろくな結果をうまない. 体が開かないようにと思ってたら腰が回ら ...
 素振りは難しい‐ 我が少年野球チームでも、素振りの指令が出て昨晩から始めました。私は、素振りと言うのは、正しいバッティングフォームをきちんと本人が理解しているか、誰かわかる人が見てるかのどちらかでないと、デメリットも多いと思っていてなかなか奨励出来ません。
 4番バッター候補‐ 小学3年の息子の打撃は、まだまだ非力です。だからといって力をつけるために筋トレなんかする年齢ではないし。。。力がなくて当たり前だと思ってます。今は、ボールをしっかり見る力と感覚的な部分を意識してやっています。けどバッティングフォームも改造中で少しずつ芯をとらえて鋭い打球が飛ぶようになってきているようです。(今、実践してやっている打撃理論は、やっぱり、すごいと実感!!)先日、監督さんに「来年の4番は...
 今季‐  うちのボウズ。冬にバッティングフォームの修正をしました シーズンインから現在まで、正確には分かりませんが、恐らく5割(6割に近いくらい?)打率が出ています 「親バカ&自慢」ではなく・・・ 悪い所を直す→良い結果として表れる これほど単純に、スッキリする事はなかなかありませんね。 自分のボウリングを考えると・・・ 悪い結果が出る→直す→余計悪くなる やっぱり、スポーツは、若いうちに体感覚を身につけないと...


Copyright (c) E-Book Navision ディレクトリ All rights reserved.